治療計画、補綴修復、歯周病(インプラント)、歯内療法のスタディグループはデンタルスクウェアジャパン(DSJ)へ

DSJ設立記念講演会

DSJ設立記念講演会

2018年3月17日(土)と18(日)に、レソラホール(福岡市中央区)にてDSJ設立記念講演会を開催いたしました。当日は満席の中、立ち見の参加者も多くお越しになり、非常に活気に満ちた会になりました。
初日は、Gianluca Paniz氏とLuca Gobbato氏(いずれもイタリア・パドヴァ)が「インプラント補綴において審美的に安定した長期予後を得るために」と題して登壇し、多彩な臨床例に加えて古典的文献と最新のエビデンスを駆使してお話し頂きました。
2日目午前中にはSahng G. Kim氏(コロンビア大学歯内療法科)が「臨床家のための歯内再生療法」と題し、根管に歯髄-象牙質複合体を再生する意義、歯内再生療法に関する過去の臨床研究,ADA(アメリカ歯科医師会)が定めたPulpal Regenerationのプロトコルおよび自身がモディファイした点、同法の理解に重要となるTissue engineeringのストラテジーをとても分かりやすくお話し頂きました。
2日目午後には本会ボードメンバーの5名が登壇。先ずは嘉村康彦先生(アメリカ・テキサス州/米国歯内療法専門医)が「バイオロジーに基づいた根管形成」として根管の解剖学的構造の理解に基づく根管形成の重要性をお話ししました。続いて、田中利典先生(東京都/米国歯内療法専門医)が「根管洗浄の限界と挑戦」として、根管洗浄においては洗浄剤の物理的効果もその化学的効果と同様に重要だとして、有効なデリバリー法や関連する最新機器について紹介・考察しました。
土屋嘉都彦先生(大分県/米国補綴学会ボード認定専門医)は「良好な長期予後を目指した補綴治療」として、特に複雑な治療ステップや補綴装置の構造が求められる症例では補綴医の診査診断、治療計画(治療シークエンスの設定)が重要になると臨床例を通じて述べました。また、木戸淳太先生(福岡県/米国補綴専門医)は「論理的に考えるスマイルデザイン」として、スマイルデザイン構築に際しすべての患者に適用できる方程式はないが、判断の拠り所となる基準をもって臨むことで論理的に説明可能な審美性を提供できるとして、垂直・水平基準線などの各種指標について解説しました。
最後に、築山鉄平先生(米国歯周病学会ボード認定専門医,ヨーロッパインプラント学会認定専門医)が「DSJが日本の歯科医療に提供できる価値」として登壇し、予防やメインテナンスに対する自身の取り組みや理念を供覧し、「自立して診査診断し,自律して治療を進めることができる歯科医師・歯科衛生士」を育成し「日本国民の口腔健康価値の革新への貢献」を共に目指すことが本会の目的であるとお話ししました。

開催場所のご案内

DENTAL SQUARE JAPAN 参加お申し込み